open-menu

top

生きる喜びを支える仕事 大切な人と食べる、大切な人と話す、大切な人と笑う

訪問歯科診療部 歯科医師募集!!

患者様の尊厳を守ることこそが我々の最大の目的です。

我々が訪問歯科診療を始めて15年になります。
私が訪問歯科診療で最も大切に思っているのは、患者様の尊厳を守るという事です。
身体的に不自由になったり、精神的に不安定になったりした患者に、いかにして自己の尊厳を保っていただくか、また我々がいかにして患者様の尊厳を守りながら診療をして差し上げられるか、という事が非常に重要です。我々の訪問歯科診療の目的は、身体的、精神的な回復はもちろんの事ですが、一番は人間としての尊厳を守る事であると考えています。

訪問歯科診療の需要性が増してきています

近年訪問歯科診療の重要性が増しているのは言うまでもありません。
訪問歯科診療の役割やなすべきこともはっきりしています。
口腔内の治療や管理は当然のことながら、廃用症候群の予防、食べられるようになる、話せるようになる、笑えるようになる、などのことに貢献することが歯科医師の役割としてますます重要視されています。
人間の根源的な活動である「食べる、話す、笑う」ということが患者様の人間としての尊厳を守ること、さらには患者様がご自身の重要感に気付くことに繋がると信じています。
訪問歯科診療における最大の目的は、訪問歯科診療を通じて患者様の尊厳を守り、またそれを高める手助けをすることなのです。

宝歯会グループからのメッセージ

【超高齢社会は今後も変化します。】当グループは、10年以上にわたって訪問歯科診療に取り組んで参りましたが、この10年で世の中の様子は随分変わりました。
また、超高齢社会を迎えた我が国は今後も急速に変化していくと考えられます。

在宅要介護者等は急激に増加を続けており、平成24年には介護保険認定者は530万人を超えています。
このような社会の変化を受け、歯科医療業界においては今後もますます訪問歯科診療の役割が拡大し、ニーズも高まっていくと考えられます。(要介護度別認定者の推移)(H12.4とH24.4の比較)

【「生きる喜び・生きる力」を私達は支えます】寝たきりや体の不自由な方々にとって、大切な人と一緒に食事をとる事、楽しくお話をする事、そして笑顔になれるという事は、その方の「生きる喜び・生きる力」そのものであると思います。
それを支えるのが、歯科治療、口腔ケア・口腔リハビリテーション、摂食嚥下等の専門知識を持つ我々歯科医師なのです。

【当グループは患者様と永く、スタッフ皆と永く、 地域の皆様と深く永くお付き合いする。というミッションを掲げて小児歯科から訪問歯科診療まで幅広く取り組んで参りました。】訪問歯科診療の中で、治療のみならず口腔ケア・口腔リハビリテーション、そして摂食嚥下の専門的な知識をもって
患者様と永くお付き合いしていくことは、我々のミッションの実践に他なりません。
当グループはこれからも地域の患者様に喜んでいただき、「また来て欲しい。」と言っていただける
訪問歯科診療を提供していきたいと考えています。
訪問歯科診療に携わる歯科医師の務めは、単に口腔内の治療や管理に留まらず、
「患者様の生きる力を支える」「患者様の尊厳を守る」という大きなフィールドに広がってきています。
歯科医療人にとって、それは大きなやりがいとなるでしょう。
今まで携わった事が無い方も、ぜひ訪問歯科診療に興味を持っていただければと思います。

宝歯会グループの訪問歯科診療部の特徴

『患者様と永く、スタッフ皆と永く、地域の皆様と深く永くお付き合いできる。』そんな歯科医療グループを創造する。福岡県・山口県・広島県・岡山県・島根県・兵庫県で20の歯科医院を
運営している当グループでは、外来診療のみならず訪問歯科診療にも積極的に取り組んでおります。訪問歯科診療では、一般的な歯科治療以外にも、口腔ケアや口腔リハビリテーションにより、患者様の全身の健康に貢献しています。

【多数の歯科医師が在籍しています】宝歯会グループには120名もの歯科医師が在籍しています。(H28.6.1現在)その中で訪問歯科診療に携わっている歯科医師は、実に30名です。様々な専門分野・経歴を持った歯科医師が多数在籍し、切磋琢磨しています。立場、年代、そして考えの違う多くの方々と付き合いスキルアップしていくことは、歯科医療人としてこの上ない財産になると我々は考えています。

【多彩な経験が生かせます】訪問歯科診療において、診療技術と同じくらい重要なのはコミュニケーションスキルです。患者様やご家族、診療スタッフのみならず、施設の職員の方々、ケアマネージャーの方など他職種の方との連携や、密なコミュニケーションが求められます。
診療においての知識を高めることはもちろんですが、我々はコミュニケーションスキルも重視しています。豊富な知識と経験を持つ歯科医師が、当グループでも多数活躍中です。

【永く安心して お勤めいただけます】訪問歯科診療部では、60歳の定年を超えて活躍している歯科医師も在籍しています。我々のミッションは【『患者様と永く、スタッフ皆と永く、地域の皆様と深く永くお付き合いできる。』そんな歯科医療グループを創造する。】ということです。
そのために全てのスタッフが永く安心して勤められるような環境を整えています。歯科医療法人としての基盤がしっかりしているからこそ、保険加入や昇給・賞与など安定した待遇があります。永く安心してお勤めいただける環境で、将来を見据えてご活躍いただきたいと考えています。

【転職の方のサポートが充実しています】転職を機に訪問歯科診療に取り組むケースも多数あります。当グループでは、転職を考えておられる方にも安心な「前職給与保証制度」を取り入れ、入職後一定の期間、前職での給与水準を保証しています。
入社時には研修もありますので、入職後すぐに存分に力を発揮していただけます。転職に関するご相談や、給与・待遇に関してご不明な点があれば、どうぞお気軽にご連絡ください。

【さまざまな働き方があります】訪問歯科診療部では、ご家庭やご自身の都合に合わせた働き方が選択できます。時間や日数などが選択しやすいので、ブランクのある方にも働きやすい環境です。
現在訪問診療部では、性別・年代の様々な方が活躍中です。子育て中の主婦の方、60歳を超えても活躍されている方などもいらっしゃいます。働き方についてのご相談も個別に承っておりますので、どうぞお問合せください。

訪問歯科診療の一日

春名正敬(はるな まさたか) かじわら歯科医院訪問部長 鹿児島大学歯学部卒 2007年入社 訪問歯科診療の経験 9年 高齢者に対する歯科診療に興味を持ち、
訪問歯科診療を学びたいと入社 特に興味のある分野 摂食嚥下リハビリテーション

9:00出社・朝礼・9:30出発・午前の診療・12:00昼食・休憩・13:30~出発、午後の診療・17:30帰院、カルテ、入力、引継ぎなど

【訪問歯科診療に興味のある方へメッセージ】長い歯科医師人生の中で、一度は訪問歯科診療に携わってほしいと思います。
訪問歯科診療の知識や技術がこれからの歯科医師にとって必須になるという点もありますが、本当にやりがいも大きいです。様々な患者様と接し治療を行っていく事の難しさ、自分の行いたい治療ではなく患者様やそのご家族の望む治療を行う臨機応変さ、座学だけでは学べない事ばかりで、それが訪問歯科診療の何よりの魅力です。
一方でその「座学では学べない事」をどこでどうやって学ぶのか、という事が重要になってきます。私は訪問歯科診療に興味があって宝歯会グループに入社したのですが、多くの経験を積む事ができ良かったと思っています。すでに10年以上の実績と様々な種類の施設や訪問診療先があるので、しっかりと学びたい方、未経験から学ばれる方にはいいのではないでしょうか。とにかく是非一度やってみて頂きたいですね。

宝歯会グループが求める人材・スキル

宝歯会グループならではのコミュニケーション イメージ図

患者様に関わる様々な方々と協力・連携して、 患者様に正直・丁寧・真面目に向き合っていただける方を希望します。 (訪問歯科診療に興味のある方・学びたい方・幅広い診療を身につけたい方・摂食嚥下に興味がある方・コミュニケーションスキルの高い方・義歯の得意な方・ブランクから復帰したいと考えている方・ご家庭の都合等に合わせて勤務をしたい方)

ドクターインタビュー

現場スタッフの声をお届けいたします

山中房子(やまなか ふさこ)  ひまわり歯科医院院長

【訪問診療ならではのやりがいは何ですか?】歯が少なくなって食べにくい状態の方に、義歯の作製をしたら食べやすくなったと感謝していただき、数年後もその義歯を使い続けてくださっているのを見た時に、自分がその方のために役に立つことが出来たと実感できます。一人の患者様を数年間に渡って診続けることが多いのも
訪問歯科診療ならではの部分だと思います。

【印象に残っている出来事はありますか?】前歯の仮歯が外れなくなり、ご迷惑をおかけした患者様から 「一生懸命やったのだから大丈夫」と声をかけてもらえたことがあります。   失敗したことの方が強く印象に残っていて、ご迷惑をかけたにもかかわらず、その後も診療を続けさせていただいた患者様の事が印象に残っています。患者様との信頼関係が何よりも大切だということを失敗から学ばせていただきました。

【訪問歯科診療に興味のある方にメッセージを】訪問歯科診療の場合は特に、患者様と永いお付き合いになります。最初は「歯が痛いから」という所から始まるケースが多いですが、急性症状が治まったら義歯を作ったり、口腔内全体を治療したりして、その後はメンテナンスを続けます。患者様との信頼関係をもとに、永くお付き合いできることが幸せに感じます。とてもやりがいのある仕事だと思いますので、興味がある方は是非チャレンジしてみて頂きたいです。

大野 健児(おおの けんじ) あやらぎスマイル歯科医院勤務

【訪問診療ならではのやりがいは何ですか?】寝たきりであったり、基礎疾患をお持ちであったりする方が多いので、全身状態を考慮しながら診療を進める点は難しさでもあり、やりがいでもあります。義歯の作製や欠損の治療によって咬合機能を高めていくことが出来る点もやりがいを感じます。治療中は毎週のように診療に伺うので、治療の過程で二人三脚のような感じで患者様と距離が近くなるのも魅力だと思います。

【印象に残っている出来事はありますか?】前歯の治療だけして欲しい、と言われて診療に行くと、前歯以外にも非常にたくさんのカリエスがある方がいらっしゃいました。結局丸一年ほどかかって、全ての歯を治療して、義歯を入れて・・・という患者様が印象に残っています。口を開ける事が少し難しい方だったので大変でしたが、患
者様と一緒に頑張って全ての治療を終え、現在も定期的に口腔ケアを行っています。

【訪問歯科診療に興味のある方にメッセージを】まずは、とにかく一度経験してみて頂きたいと思います。こちらから診療に伺うということだけでも、実は想像以上に患者様から喜ばれます。また毎週のように通うことでいろんなお話を聞く事ができ、口腔内の悩みについても話してくださるようになります。 思った以上に口腔内の悩みを抱える方が多く、それに応えようという気持ちでお一人ずつに合わせた治療をおすすめしています。ケアだけでいい、と言われていた患者様が最終的には義歯を入れることに前向きになってくださったこともあり、「患者様と一緒に」という感覚は大きなやりがいです。

患者様の尊厳を守ることこそが我々の最大の目的です。

我々が訪問歯科診療を始めて15年になります。
私が訪問歯科診療で最も大切に思っているのは、患者様の尊厳を守るという事です。
身体的に不自由になったり、精神的に不安定になったりした患者に、いかにして自己の尊厳を保っていただくか、また我々がいかにして患者様の尊厳を守りながら診療をして差し上げられるか、という事が非常に重要です。我々の訪問歯科診療の目的は、身体的、精神的な回復はもちろんの事ですが、一番は人間としての尊厳を守る事であると考えています。

近年訪問歯科診療の重要性が増しているのは言うまでもありません 訪問歯科診療の役割やなすべきこともはっきりしています。口腔内の治療や管理は当然のことながら、廃用症候群の予防、食べられるようになる、話せるようになる、笑えるようになる、などのことに貢献することが歯科医師の役割としてますます重要視されています。人間の根源的な活動である「食べる、話す、笑う」ということが患者様の人間としての尊厳を守ること、さらには患者様がご自身の重要感に気付くことに繋がると信じています。訪問歯科診療における最大の目的は、訪問歯科診療を通じて患者様の尊厳を守り、またそれを高める手助けをすることなのです。

【宝歯会グループからのメッセージ】超高齢社会は今後も変化します。】当グループは、10年以上にわたって訪問歯科診療に取り組んで参りましたが、この10年で世の中の様子は随分変わりました。また、超高齢社会を迎えた我が国は今後も急速に変化していくと考えられます。在宅要介護者等は急激に増加を続けており、平成24年には介護保険認定者は530万人を超えています。
このような社会の変化を受け、歯科医療業界においては今後もますます訪問歯科診療の役割が拡大し、ニーズも高まっていくと考えられます。

(要介護度別認定者の推移)

(H12.4とH24.4の比較)

【「生きる喜び・生きる力」を私達は支えます】寝たきりや体の不自由な方々にとって、大切な人と一緒に食事をとる事、楽しくお話をする事、そして笑顔になれるという事は、その方の「生きる喜び・生きる力」そのものであると思います。
それを支えるのが、歯科治療、口腔ケア・口腔リハビリテーション、摂食嚥下等の専門知識を持つ我々歯科医師なのです。

【当グループは患者様と永く、スタッフ皆と永く、 地域の皆様と深く永くお付き合いする。というミッションを掲げて小児歯科から訪問歯科診療まで幅広く取り組んで参りました。】訪問歯科診療の中で、治療のみならず口腔ケア・口腔リハビリテーション、そして摂食嚥下の専門的な知識をもって患者様と永くお付き合いしていくことは、我々のミッションの実践に他なりません。
当グループはこれからも地域の患者様に喜んでいただき、「また来て欲しい。」と言っていただける訪問歯科診療を提供していきたいと考えています。
訪問歯科診療に携わる歯科医師の務めは、単に口腔内の治療や管理に留まらず、「患者様の生きる力を支える」「患者様の尊厳を守る」という大きなフィールドに広がってきています。歯科医療人にとって、それは大きなやりがいとなるでしょう。今まで携わった事が無い方も、ぜひ訪問歯科診療に興味を持っていただければと思います。

img

宝歯会グループの訪問歯科診療部の特徴

『患者様と永く、スタッフ皆と永く、地域の皆様と深く永くお付き合いできる。』
そんな歯科医療グループを創造する。
福岡県・山口県・広島県・岡山県・島根県・兵庫県で20の歯科医院を
運営している当グループでは、外来診療のみならず訪問歯科診療にも
積極的に取り組んでおります。訪問歯科診療では、一般的な歯科治療以外にも、口腔ケアや
口腔リハビリテーションにより、患者様の全身の健康に貢献しています。

img

【多数の歯科医師が在籍しています】宝歯会グループには120名もの歯科医師が在籍しています。(H28.6.1現在)その中で訪問歯科診療に携わっている歯科医師は、実に30名です。様々な専門分野・経歴を持った歯科医師が多数在籍し、切磋琢磨しています。立場、年代、そして考えの違う多くの方々と付き合いスキルアップしていくことは、歯科医療人としてこの上ない財産になると我々は考えています。

img

多彩な経験が生かせます】訪問歯科診療において、診療技術と同じくらい重要なのはコミュニケーションスキルです。患者様やご家族、診療スタッフのみならず、施設の職員の方々、ケアマネージャーの方など他職種の方との連携や、密なコミュニケーションが求められます。
診療においての知識を高めることはもちろんですが、我々はコミュニケーションスキルも重視しています。豊富な知識と経験を持つ歯科医師が、当グループでも多数活躍中です。

img

【永く安心して お勤めいただけます】訪問歯科診療部では、60歳の定年を超えて活躍している歯科医師も在籍しています。我々のミッションは【『患者様と永く、スタッフ皆と永く、地域の皆様と深く永くお付き合いできる。』そんな歯科医療グループを創造する。】ということです。
そのために全てのスタッフが永く安心して勤められるような環境を整えています。歯科医療法人としての基盤がしっかりしているからこそ、保険加入や昇給・賞与など安定した待遇があります。永く安心してお勤めいただける環境で、将来を見据えてご活躍いただきたいと考えています。

img

【転職の方のサポートが充実しています】転職を機に訪問歯科診療に取り組むケースも多数あります。当グループでは、転職を考えておられる方にも安心な「前職給与保証制度」を取り入れ、入職後一定の期間、前職での給与水準を保証しています。
入社時には研修もありますので、入職後すぐに存分に力を発揮していただけます。転職に関するご相談や、給与・待遇に関してご不明な点があれば、どうぞお気軽にご連絡ください。

img

【さまざまな働き方があります】訪問歯科診療部では、ご家庭やご自身の都合に合わせた働き方が選択できます。時間や日数などが選択しやすいので、ブランクのある方にも働きやすい環境です。
現在訪問診療部では、性別・年代の様々な方が活躍中です。子育て中の主婦の方、60歳を超えても活躍されている方などもいらっしゃいます。働き方についてのご相談も個別に承っておりますので、どうぞお問合せください。

訪問歯科診療の一日

春名正敬(はるな まさたか) かじわら歯科医院訪問部長 鹿児島大学歯学部卒 2007年入社 訪問歯科診療の経験 9年 高齢者に対する歯科診療に興味を持ち、訪問歯科診療を学びたいと入社 特に興味のある分野 摂食嚥下リハビリテーション

9:00出社・朝礼・9:30出発・午前の診療・12:00昼食・休憩・13:30~出発、午後の診療・17:30帰院、カルテ、入力、引継ぎなど

【訪問歯科診療に興味のある方へメッセージ】長い歯科医師人生の中で、一度は訪問歯科診療に携わってほしいと思います。
訪問歯科診療の知識や技術がこれからの歯科医師にとって必須になるという点もありますが、本当にやりがいも大きいです。様々な患者様と接し治療を行っていく事の難しさ、自分の行いたい治療ではなく患者様やそのご家族の望む治療を行う臨機応変さ、座学だけでは学べない事ばかりで、それが訪問歯科診療の何よりの魅力です。
一方でその「座学では学べない事」をどこでどうやって学ぶのか、という事が重要になってきます。私は訪問歯科診療に興味があって宝歯会グループに入社したのですが、多くの経験を積む事ができ良かったと思っています。すでに10年以上の実績と様々な種類の施設や訪問診療先があるので、しっかりと学びたい方、未経験から学ばれる方にはいいのではないでしょうか。とにかく是非一度やってみて頂きたいですね。

【宝歯会グループが求める人材・スキル】患者様に関わる様々な方々と協力・連携して、 患者様に正直・丁寧・真面目に向き合っていただける方を希望します。

(訪問歯科診療に興味のある方・学びたい方・幅広い診療を身につけたい方・摂食嚥下に興味がある方・コミュニケーションスキルの高い方・義歯の得意な方・ブランクから復帰したいと考えている方・ご家庭の都合等に合わせて勤務をしたい方)

宝歯会グループならではのコミュニケーション イメージ図

ドクターインタビュー

山中房子(やまなか ふさこ)  ひまわり歯科医院院長

【訪問診療ならではのやりがいは何ですか?】歯が少なくなって食べにくい状態の方に、義歯の作製をしたら食べやすくなったと感謝していただき、数年後もその義歯を使い続けてくださっているのを見た時に、自分がその方のために役に立つことが出来たと実感できます。一人の患者様を数年間に渡って診続けることが多いのも
訪問歯科診療ならではの部分だと思います。

【印象に残っている出来事はありますか?】前歯の仮歯が外れなくなり、ご迷惑をおかけした患者様から 「一生懸命やったのだから大丈夫」と声をかけてもらえたことがあります。   失敗したことの方が強く印象に残っていて、ご迷惑をかけたにもかかわらず、その後も診療を続けさせていただいた患者様の事が印象に残っています。患者様との信頼関係が何よりも大切だということを失敗から学ばせていただきました。

訪問歯科診療に興味のある方にメッセージを】訪問歯科診療の場合は特に、患者様と永いお付き合いになります。最初は「歯が痛いから」という所から始まるケースが多いですが、急性症状が治まったら義歯を作ったり、口腔内全体を治療したりして、その後はメンテナンスを続けます。患者様との信頼関係をもとに、永くお付き合いできることが幸せに感じます。とてもやりがいのある仕事だと思いますので、興味がある方は是非チャレンジしてみて頂きたいです。

大野 健児(おおの けんじ) あやらぎスマイル歯科医院勤務

【訪問診療ならではのやりがいは何ですか?】寝たきりであったり、基礎疾患をお持ちであったりする方が多いので、全身状態を考慮しながら診療を進める点は難しさでもあり、やりがいでもあります。義歯の作製や欠損の治療によって咬合機能を高めていくことが出来る点もやりがいを感じます。治療中は毎週のように診療に伺うので、治療の過程で二人三脚のような感じで患者様と距離が近くなるのも魅力だと思います。

【印象に残っている出来事はありますか?】前歯の治療だけして欲しい、と言われて診療に行くと、前歯以外にも非常にたくさんのカリエスがある方がいらっしゃいました。結局丸一年ほどかかって、全ての歯を治療して、義歯を入れて・・・という患者様が印象に残っています。口を開ける事が少し難しい方だったので大変でしたが、患
者様と一緒に頑張って全ての治療を終え、現在も定期的に口腔ケアを行っています。

【訪問歯科診療に興味のある方にメッセージを】まずは、とにかく一度経験してみて頂きたいと思います。こちらから診療に伺うということだけでも、実は想像以上に患者様から喜ばれます。また毎週のように通うことでいろんなお話を聞く事ができ、口腔内の悩みについても話してくださるようになります。 思った以上に口腔内の悩みを抱える方が多く、それに応えようという気持ちでお一人ずつに合わせた治療をおすすめしています。ケアだけでいい、と言われていた患者様が最終的には義歯を入れることに前向きになってくださったこともあり、「患者様と一緒に」という感覚は大きなやりがいです。

勤務先医院・給与・待遇はこちらから

勤務先医院・給与・ 待遇はこちらから

Copyright ©smile support . All Rights Reserved